ダイニングテーブル多くの選択肢からライフスタイルにマッチするのを選びましょう

ダイニングテーブルとは、食堂の食卓ですが、だからといってほかの用途に使うことも大いにあるはずです。つまりライフスタイルのあり方です。ダイニングに対する考え方も変わってきているのではないでしょうか。つまりダイニングテーブルの選び方も変わるという事になるはずです。一般的には人数によって大きさは当然変わってきます。テーブルの形状は大きく分けると角形と丸型ということになりますが、ある程度の目安の大きさは決まっています。部屋の広さによっても選べる大きさは違います。当然のことですがサイズが大きくなると同じ材質同じ作りのものであれば価格も高くなるということです。基本的には食事を楽しめるということが一番重要なことです。窮屈であれば、食事が終わったらすぐに席を離れたくなるでしょう。食事が終わってゆっくり歓談をしたい、そういったことに対応できる大きさは必要です。

ですが大きければいいというものでもありません。ある程度余裕があれば、親しい友人などが来た時には椅子を追加して一緒に食卓を囲むことも可能です。普段からお客さん用の椅子を準備する必要はないでしょう。折りたたみ椅子などを利用するべきです。ダイニングテーブル、サイズや形が決まったら次は材質や色を決めましょう。木を選ぶ場合には、材質によって色合いが違ってきます。ダイニングテーブルを置く空間の雰囲気を作っている床とか壁や他の家具の色合いなどを、考慮して選ばなければなりません。テーブルの天板についても多くの選択肢があります。無垢材の天板は、食器などを置くときに音が響いたりすることがなく、優しい印象を受けます。他に合版と言われる一般的によく利用されるものや、集成材や、天然木を薄く貼り付けた天然木の化粧合版があります。価格の面とかメンテナンスの面とか、選定にあたって検討しなければなりません。合版にもテーブルの天板用に開発されたスグレモノがあって傷がつかないし熱いものを直に置いても変形や変色の心配のないものもあります。風合いという点では天然木には譲りますが機能的な面では優れています。おそらくダイニングテーブルが日々の生活の中では一番接する機会が多いはずですから、リビングのセットなどよりも予算的にもこちらに重点を置くべきではないかと考えます。

美味しい食事を家族みんなで楽しんで家族団らんの時間を持つことが家族全体の幸せにつながり、大げさかもしれませんけれど充実した人生を作ってくれることになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*